おもしろさの作り方(saku saku vol.1 DVD)
「ローカルならではのおもしろさ、かつ低予算の、味を最大限に出した」というと、後付けです。

限られた条件下で、いい物を作ってやる という、「テレビ人の執念」を感じます。

サクサクはすごい番組なのですがいちおう説明を試みると・・・
キャラクター(マペット)とタレントの掛け合いを軸にした音楽バラエティー、です。TVK(神奈川テレビ)から火がついた人気番組で、「サクサカー」といわれるマニアを沢山生み出し、社会現象となりました。

とにかく弁が立つ、毒舌?のキャラクター「ジゴロウ」と、気負わないのんびりキャラの木村カエラちゃんのカケアイトークがすごい。また、秀逸なのが、うたのコーナー。「川崎」や「厚木」といった神奈川の各地をネタにした、地域のテーマソングを勝手に作っちゃって、ジゴロウが歌い上げます。

僕は評判を聞いてDVDを予約したクチですが、毎日の習慣として、定時に楽しみに見るのが本来の楽しみ方だろうなぁ、と思います。

勢いとノリを、壊さずに、味を出す。ああ、おもしろいってこういうことだ、と思いました。

setagayanet.tvでは、「せたがやじん」マペットが、パーソナリティーとの掛け合いで、世田谷のニュースを読む番組ですが、敬意を込めて、「とても参考にさせていただいて」います。
[PR]
# by kouichisugimoto | 2006-05-15 23:55 | 日記とか考えたこととか