カテゴリ:日記とか考えたこととか( 51 )
大道芸のこととあたりまえのこと
■明日は三茶DE大道芸。

お天気は大丈夫かな。ひどい話だけど、自分が中枢に関わっていない、お手伝いイベントは気が楽だ。「たのしく過ごす(客も自分も)」ために寄与しよう、という意志が在ればよいのだから。そこはきちっと。そして楽しく。
一番大きな会場の、会場進行役を、ここ数年、おおせつかっております。がんばります。


■収益から発想するものはおもしろくない。

多少の仕事感覚は身について、コストとやらも考えるようになった。バイトすらまともにしたことがないまま、公共の仕事をしていたから、僕は「稼ぐ」という感覚がよくわからないままだ。でも、おかげで、おもしろいことに貪欲だ。「おもしろい」って、大変なことだ。邪念がはいって成立することじゃない。
[PR]
by kouichisugimoto | 2007-10-20 00:44 | 日記とか考えたこととか
松戸に生まれた医院
春先からのご縁でお仕事いただいてる松戸のクリニックが完成。
とちの樹メディカルクリニック

ロゴ、マーク、そしてWEBサイトを担当いたしました。

今日は現場で一日、看板やドアのサインなどを貼る業者さんのお手伝い(?)。
また詳しく写真など加えて書きたいのですが、なんというか・・・感慨深い。

若いご夫婦の先生が開業したクリニック。そこに、ずっとずっと使われるであろう、看板やサイン。

職人さんたちと話して。建物や看板を作る仕事もいいなぁ、なんて。いやうそうそ、そりゃ大変そうでした。

(あ、ちなみにデザイナーは僕じゃなくて・・・僕は何・・・デザイン進行係??アレ??)
[PR]
by kouichisugimoto | 2007-09-21 22:24 | 日記とか考えたこととか
石原慎太郎都知事「復興と高度経済成長わすれられない」
土曜の昼?なんとなくテレビを見てたら、MXTVの都知事定例会見ダイジェストみたいな番組を見た。

「若者にときめきが無くてかわいそうだ」と言った。
「自分は復興と高度経済成長の高揚をわすれられない」と言った意味のことも言った。

ああ、それで東京オリンピックとか、マラソンとか、島でバイクレースとか、新しいことをバーーン!みたいな感じなのかと思った。

でも僕はちょっと共感できない。

細分化された細かいところに、東京のやりがいはあると思うのだ。
お上の牽引ではなくて、あちこちに、細かく、光が見えてきていると思う。

いまや、90年代的な閉塞感は感じられないし、代わりに、上向きになったという景気は庶民にまで届いてこない。それはどういうことかと言ったら、価値観が多様化していて、「小さな動き」が無数にあるような状況だからだと思うのだ。

もはや何事も一様ではない。

そして、つたない、弱いものもある、「小さな動き」たち。
安定もなく、勢いもまちまち。

そのHUBになることこそが、行政の役割になるのではないかと思うのだ。

で、僕もその「小さな動きの一つ」でありたいと思っている。

ところで、あたらしい副知事の猪瀬直樹さんはおもしろいなぁと思う。この人が跡を継ぐのか?よくわからんが、石原知事は「僕は今期で最後だから」と何度も繰り返してた。
[PR]
by kouichisugimoto | 2007-08-26 20:00 | 日記とか考えたこととか
「価値組」は仕事の価値を何で量るか
もうすぐ就職活動という、学生さんと話していたときの会話

学:杉本さんはやりたいことがあっていいですね
杉:まぁね。見つかったのは最近だけど。やりたいこと、ないの?
学:まだわからないからとりあえず就活するんです
杉:会社に入っちゃったら、会社でせいいっぱいになるよ
学:そうですよねぇ・・・

イギリスなどでは卒業前に、年単位でNPOなどの社会活動に参加できる制度があり、(うろおぼえ)それがキャリアにもなる。日本ではとてもそうはいくまい。

僕は、NPOやNGOに指向性をもった若い人には、がんばれ、とできる限りの応援をするが、そうでない人にNPO、NGOの可能性を知らせることはしない。
ココロザシが高いとかどうとか言う問題ではなく、単純に、いままで関心が無かった人に勧めることに、抵抗があるからだ。まぁだいたい大変なのはわかってるし。

「やりたいことがある、関わりたい世界がある、好きなことでやってく。」言葉にすれば簡単だけど、コレを言うのは大変な覚悟がいる。

夢物語ではなく逃避でもなく、「自分だけの世界」を指向するひとは、困難を困難と思わずに立ち向かえるから、周りが思うほど苦労とは思わない。
それでもまわりの目や意見が気になるのは仕方ないが、それにくじけるくらいならば、就職活動をして就職して、それから考えた結果くじける方がよいと思うのだ。

自分が、何に価値の重きを置くか。まずはそこからなのだろうなぁ。世間で言うところの「勝ち組」は主に「セレブにどこまで近いか」という価値なのだけど、

「価値組」はそのモノサシから自作するわけなので。

あーめんどうくさい。
[PR]
by kouichisugimoto | 2007-07-28 22:28 | 日記とか考えたこととか
日記とやることメモ
昼はデザイン+ウェブのお仕事でうちあわせ。
マークなど好評にてうれしいきもち。

夕方は少しひるね。マンガを読みながら。雨の音も心地よく。

夜は、先日、お話をしにいった大学の学生さんがお友達を連れてカフェにきてくれた。福祉とか環境に関心があるひとなら、まだ若くても話が通じるかもしれぬ。

テレビ効果でいろんな人に褒められたり飯をおごってもらったり仲良くなったりしてる。あああテレビに恩ができてしまった。嫌ってて悪かった。

そういうわけで強制的に外向きの顔を必要とされる機会が多く、考える用事が進まない。

やることリストから、いわゆるTODOをはずした「急がんが、やらねばのリスト」
 ・エコバッグの企画形にする
 ・商店街のイベントデザインと予算をつくる
 ・避難訓練カフェの企画全体をみなおし調整
 ・夏の制服を作る。もう遅いけど秋まで着るから良いことにする
 ・成果を並べて、筋の通った自己紹介ができるようになる
 ・まじめにまんがをかくことをかんがえる
[PR]
by kouichisugimoto | 2007-07-14 23:20 | 日記とか考えたこととか
世界を変える社会事業家
たまに買う、ニューズウイークの日本版。
「世界を変える社会事業家」という特集。
http://nwj-web.jp/
[大事業を成し遂げたい、よりよい世界をつくりたい——人間の2大願望を満たす社会的起業をさまざまな分野で成功させる変革者たち](サイトから引用)

それが人間の二大願望なのかということはまぁさておき、100人の紹介はよかった。もっかい、ちゃんと読もうと思う。そして、あらためて思う。世界の問題は「環境問題」そして「貧困」なのだ。

社会事業家、という言葉も馴染んできたのだろうか。
(ソーシャル・アントレプレナーとかいう言い方はあまり好きではなかったので良かった。)


NPOは、社会の問題を解決する、市民団体だ。ミッションのクリアが目的であり、その意味で利益を優先としないとする、事業体ともなりうる。日本で言うNPO法人がそれにあたる。

企業は、社会に対し責任を持つ、という流れ出はあるが、これは指向してるというよりはやはり「(大企業としての社会に対する)責任」ということでしょう。

ではでは、
社会事業家ってなんだろう。

社会事業大学というのが昔からあるくらいだから、かつて日本ではおそらく「福祉的な事業を展開する実業家」を意味したのだと思う。(ソーシャルナントカ、とか、翻訳に苦心したのだろうなぁ。)

僕はこの「社会事業家」という言葉が、最初、うれしかった。
「団体」ではなく、一人称で、きちんと責任を取ってるニュアンスが。
目指すのは、そこだと思った。

でもいま、僕の仕事は公共と民間の間の隙間をあつかってはいるが、
ニューズウイークがいう社会事業家には、少なくともあたらない。

だって、大事業を成し遂げ「たい」とは思わない。
より良い世界を作る「ため」に働いてる訳でもない。

動機はもっと個人的だし、そんなに底抜けなポジティブさも、別にない。

だから自分で自分の仕事に名前を付けちゃったんだなぁ、と、振り返って、いま納得。

さてどうしたもんか。もう少しで見えそうなんだけどな・・・。
[PR]
by kouichisugimoto | 2007-07-13 00:51 | 日記とか考えたこととか
現場バカ
■アートフリマおわった。

またも感激の好天、驚きの来場者、脅威の無事故記録を更新。
a0003709_22454589.jpg


いやはや。なんでこんなリスクを背負って、イベントなんかやるんだろうかと
毎回思うのだけど、しかたないねえ、楽しいのだから。

いつもだと、どこかのタイミングで、スコーンと抜けて、「ああ、今日は死ぬにはいい日だ。いい天気だし、みんなにこにこして、たのしくて。」な~んて思うのだけど、今回は体調不良もあってアガりきらず、そのぶん冷静に見れてよかった。

ちょっと人生の課題について、光明がさしてきた感じだ。


■僕のかみさまはどこ?

外で呼び込みチラシを撒いていたら、ニコニコしたオバサンが前後不覚のお年寄りを連れて歩いてきて、話しかけてきた。ぱっと判ってしまう。宗教の人だ。

「東を向いて、お祈りするの。南無妙法蓮華経と三回。これでいいのよ。あとのは全部うそだから。」「じゃあ、お伝えしましたからね」といって去る。

僕はにこにこして答える「ああ、そういうこともあるかもしれませんね」
傷つけたくはない。それも神様だろう。いいのだ。

でも僕の脳内の神様は言う
「他人が美しいと思うものを、尊重できないやつはよくない感じじゃね?」
うん。僕の神様はまだまだイケてる。きっとモテるだろう。


■ここのところ、ニュースもナナメ読みなのだけど

「いのちの電話」の相談員がとても少なくてえらいこっちゃの件や
コムスンがあんなことやこんなことのあげくアレした件が気になっていた。

営利非営利、公益、なんて、世の中をはすに見てきた者としては感慨深い。

いのちの電話の相談員は、有償の研修を受けた上での無報酬労働であり(これは知らない人が多い)、基本的にあまり「相談員やってます」とは言わないことになっている。知り合いに数人居るがそれはそれは過酷な現場だと思う。

高齢者施設。たとえばデイホームなどでは、介護保険からこっち、利用者が亡くなった場合などは、「利用日数を増やさないか」といった、勧誘の電話を掛けるのだそうだ。

けっきょく、いのちの現場は見えないところに隠されていっており、国は「補助金とかあてにすんなよ、自立しろ、支援すっから」なんちゃって、ゆっくりおいつめられていく。事業者はがんばり、現場のスタッフは、真面目に取り組む者から苦しい生活になってゆく。

ビジネスで切り込むにはやはり「もーかんない」という話になってしまうのだろうか。

コムスンが初期に、もうかんない地方からガバッと撤退したときには、すがすがしい感動を覚えたものだ。なにしろ、全国カバーを標榜して、CMをバンバン打っていた矢先、だったから。

「さすがビジネスの人は考えることが違う」と思った。でもやっぱしだめだったか。


■現場バカが元気で居て欲しい

現場バカ、な人が好きだ。最近また出あった。

現場バカなひとは、楽しむことに貪欲だ。世の不利益を不利益と思わず、楽しいだろ!?というビジョンを見ながら生きていく。僕にはあんまりビジョンがないけど、似たタイプなのだろう。そういう人と話していると、うれしくなる。

福祉にもNPOにも、まだ光が見出せないが、それでも考え続け、面白おかしいアイディアを出していくのが僕のしごとだ。だれにも理解されなくても、将来設計など立たなくてもいい。

それにしても、今の世の中は、自分の頭で考えることは推奨されていないとつくづく感じる。

馬鹿には暮らしにくいのう。
[PR]
by kouichisugimoto | 2007-06-18 22:44 | 日記とか考えたこととか
近況・・・
startmac☆&近況報告

■白い子たち。

新車がきました。100CCのスクーター。意外とかわいくてよかった。
モニター機として我が家に来たマックも白かった。
(シンクパッド黒くて嫌い、って書いたからだろうか。だとしたらすごい・・・)

はからずも新しいモノに囲まれた初夏。なんとなく気持ちも一新。よかった。


■で、マックで

何をしたかというと、何もしていない。

届いた日に設定、無線の機械をエアマックに入れ替える。おそろしいほど
すんなりで、きもちわるい。よって書くこともなし。

取り急ぎダブルタップの設定だけ。これできないと気持ち悪い。

とりあえずお客が持ち込んだDVDを鑑賞する際にかっこよくて自慢。
特にリモコンによる操作と画面アクションがかっこよくて偉い。

あこがれのアプリケーション「コミックライフ」がプリンストールされていた模様。
すばらしい!と起動して、終了。

あああああ気が済むまでいじりたい。


■だんだん忙しい感じ

アートフリマ。チラシできたーーーかわいーー。
http://artfleama.jp/

なんと「世田谷アートフリマつながり展」はすでに開催ちゅう!
http://www.setagaya-ac.or.jp/ldc/

現在の脳内プロジェクトは12件。いろいろ進行しつつも
頭がついてこない。


■カプラー。

起業創業NPOカプラー。
「野心的なNPO」。・・・野心的なんて本来は、あたりまえのこと。
http://www.nanoni.co.jp/coupler/

そこにつどう面々。

最近知り合った、気は優しくて力持ち系男子。
やさしいITやさん。
http://mcsit.org/default.aspx

最近知り合った美しい女子がプロデュースする作品。
DVDで販売する、というスタイルの映画。カコイイ!!
http://slimurl.jp/ODc1MzMzOTE1ODk=.html

その方のオフィシャルサイト。アイドルだった!
握手してもらっちゃった!!・・・タカシの後輩?
http://izumimaki.julius21.com/

http://paxi.jp/
最近知り合った愉快な兄さんがやってるサイト。
「旅と平和」が主題だそうです。
[PR]
by kouichisugimoto | 2007-05-26 23:27 | 日記とか考えたこととか
今じゃなくてもいい大事なこと。
startmac☆、と、近況報告。

■マックちゃんの件

マック雑誌とか読んでウキウキしていますが、おそろしいことに、つい先日(モニター当選よりあと)発表になった最新機種が、しかもメモリも大盛りで、やってくるらしいです。

「パソコンの最新機種を」、「メモリをマックスに積んで」買ったことなんて、人生でただ一度だってありゃしません。なんか喜びを通り越して、怖くなってきたよ??

フォトショップも無いのに、そんなマシンで何をするのだ、俺は。
だいたい、コアツーデュオってなんだ。CPUが二つ載ってんのか??


■バイクの新車を注文しました。

文字通り「乗り潰してしまった」感じで、かわいそうなことをしました。
ちゃんとマメにメンテしてれば、もっと長持ちしたのでしょう。反省。
今度はもうちょっとかわいがろうと思います・・・。


■仕事場を片付けました。

「避難訓練カフェ」「せたがやじん」で二週連続イベントだったので、仕事場が
荒れ果てていました。しかも呑み会とかやってしまい・・・。ようやく片付きました。

いまでも、基本、月曜祝日以外の夜は店に居るのですが、ちょっと考えなきゃ。
(遊びに行くぜ、という方は一報ください。いま連絡リスト作成中。。。)


■お仕事は、、、まぁなんとか。

じきにアートフリマもあるのですが、細かな仕事が積みあがって危険な状態です。
自分の中で「プロジェクト」と呼んでいるものがあって、「10を越えたら無理」と
思っているのですが、12こになっていました。落とさないよう必死に書き出し中。

「大事だし、やりたいけど、今じゃなくても」というものが、後回しになっていくのが
一番つらい・・・。

きっと、健康も命も永遠だと信じているんです。ばかです。
でもお金も稼がなきゃぁだしな。もうすぐ34歳だし。
年齢だけは、すっかりいい大人だよ・・・。

うぬぬ、ジレンマ。
[PR]
by kouichisugimoto | 2007-05-22 23:58 | 日記とか考えたこととか
道具に愛着がもてないのは困る
バイクがオシャカになりました。100CCのビジネスバイク。
(オシャカになる、っておもしろい表現だな。)

5年ローンの終了した矢先の出来事で、非常に残念。
もっとかわいがってあげれば長持ちしたのかもしれないと思うと、やや後悔。

で、まぁ、仕事で使うし、乗り換えになるわけなのですが、これが厳しい!
乗りたいバイクがないのです。そもそもビジネススクーターなんて嫌いです。
でも、このセタガヤの地で、僕の仕事には必須アイテムなのです。
荷物が載るし、二人乗れるし、小回り利くし、公共交通より早い!

買わずばなるまい。しかし、どうしたら愛せるようになるんだろう。
20万以上しやがります。そんなにほいほい買えません・・・

パソコンもそうだ。茶色と赤の暖色系で統一してるカフェで、
シンクパッドだけが、真っ黒!ですよ真っ黒。

ケータイも、いまのは珍しく気に入ってますが、大概、持つのが苦痛なほど
気に入らないデザインばっかなのは、・・・僕がひねくれてるのだろうか。

好むと好まざるとに関わらず、必要なモノは、もっとバリエーション、
もしくは、カスタマイズの余地が欲しいと思うのです。

まぁパソコンを買わなくて済んだのだから良しとせねば、か。 とほ。
[PR]
by kouichisugimoto | 2007-05-17 20:04 | 日記とか考えたこととか