カテゴリ:わたしショップ( 7 )
わたしショップとは
場所代を支払ってフリーマーケットに出るの
じゃなく、その日、商店主になって、まちに
「ご縁」を結んでほしい。

わたしショップは、優れた「省スペースお店
ごっこキット」ですが、ただの屋台ではなく、
「やあやあこんにちは」を生み出す装置です。

企  画:世田谷ネット
デザイン:43    

a0003709_15185226.jpg



名前には一応理由があり、銀座の沖縄のアンテナショップ
「わしたショップ」をもじったのです。

わした、は沖縄の言葉で「わたしたち」を表し、
わしたショップ=「私達の店」

対して「商店主になる」というコンセプトから「わたしのショップ」なのです。
[PR]
by kouichisugimoto | 2007-11-21 14:20 | わたしショップ
「したのやえんにち」開催、わたしショップ出動。
23日金曜、とうとう「わたしショップ」がデビューする。

もぉやきもき。

どきどき。

夕べ、関係者がふらりと現れ、図らずも座談会のごとく、まちを語っていただいた。

みな、下ノ谷で育ったひとたち。

いま失われてしまった(といっても過言でない)、人のつながり、輪、そんな中で育った人たちの話は、貴く、しかしどこか切ない。「わたしたちはそれが当たり前だと思っていたのだけど」という言葉は、重く、無邪気である。

大勢で囲む食卓。

よそのうちで子どもが晩ご飯を食べる。

そんな「当たり前」は、もう、今や「金を払って受けるサービス」としても成り立つのだ。サザエさんか、ちびまる子か、渡る世間のような世界はドラマの中の話だと、僕は思っていた。

そんな方々が協力しあって、まつりを作る。僕は裏方だけど、意外と責任重大で、結構プレッシャーがううううううううううううううううううう。笑

ご用とお急ぎでない方は、遊びに来てくださいよ。きっと、たのしいすよ。
つくりものではない「三丁目の夕日」の、「今」が、見えるはず。
[PR]
by kouichisugimoto | 2007-11-19 20:02 | わたしショップ
わたしショップ、始動!
いや、いままでも始動しては居たのですが

道にならべて、お店ごっこが出来る折りたたみ式屋台アイテム「わたしショップ」。
43(よんさん、とよむ。俺リンク参照)と共同開発、構想3年、制作2年。

とうとう、われらが下ノ谷商店街でデビューです。

餅つきの日に、「したのやえんにち」として、10基の「わたしショップ」が登場。制作に当たっては、昭和女子大学のご協力をいただきました。

店がまばらになっている現状の下ノ谷商店街は、少し前までは、朝市でにぎわう「三茶のアメ横」とよばれた、名物商店街でした。

その「店じゃなくなっちゃった隙間」「閉めちゃったシャッター前」に、折りたたみ式の屋台を並べて、店がずらっとした感じを再現してしまおう!という企画です。

いままでかけなかった分、これまでの経緯も含め、進捗を記していきます。
[PR]
by kouichisugimoto | 2007-10-23 22:48 | わたしショップ
「シャッター通り商店街」
a0003709_21363466.jpg

NHKのご縁はまだ続くみたい。

「新日本紀行ふたたび人情はぐくむ商店街」を観た、という劇団の方から、芝居のチラシなどをお預かりした。

「縁起でもないタイトルなんですが・・・」なんて、遠慮がちにおっしゃっていたけれど、早くも感情移入してしまった。

「スーパー、コンビニ、量販店 商店街はその役割を終えたのか・・・」
「街の再生に挑むすべての人々に贈る」



・・・しかもなんか台本とかもらってしまった。

「読んで、気になるところがあったら指摘して」って・・・ははは・・・そんな、プロが作ったものに・・・おそれ多い、と思いつつ、興味からつい受け取ってしまった。

ちょっとしらべたところ、ずいぶんと歴史も実績もある、しかも社会派で硬派な劇団さんであるようだ。でもシナリオは、笑える感じでしかもなんかジンとくる。商店街っぽいというか。笑


いただいたチラシにはこうもある。
「人間らしいつながりを求める人々への応援歌」

そう、それは「まち」が持つ重要なコンテンツなのだけど、利用するには料金や契約はいらなくて、その代わりにちょっとしたコツが要るのだと思う。

いろんなアプローチがあるもんだと思いました。

http://www.seinengekijo.co.jp/s/shatta/shatta.html
[PR]
by kouichisugimoto | 2007-08-09 21:30 | わたしショップ
「新日本紀行ふたたび」、放映されました効果
______________________________
※自治体、商店街のかた。
メール sugi@omoslow.jp
でも、お電話 090-3685-7575(12:00-24:00)
でも、お気軽に、お問い合わせください。
僕は、別にコンサルとかじゃないので、まずは、てけとうにお話でも。
______________________________

http://www.nhk.or.jp/archives/kikou/past/2007/h0706.html
新日本紀行ふたたび、放映されました。

なんつうか、まぁストーリーの軸的な、結構な役割を与えられ、恥ずかしいのだか嬉しいのだかよくわからない状況です。サングラスかけてコソコソ歩いたりしてます。

こんなに恥ずかしがりで、しかも大メディアを肯定しかねるスタンスを取っているのに、テレビを基本的に断らないのは、親類対策というのが一番大きいのですが、

さすが天下のNHK,親・親戚の反応はすばらしく、もう5年くらいは執行猶予を確保したと思われます。(執行猶予・・・「もういい加減就職でもしろ、などといわれるまでの期間のこと」)

そして近所でも、あちこちからお声がかかり・・・
「ようやくアンタが何者かわかったわ!」というお声もいただきました。よかったよかった。

地元下ノ谷で行われるあたらしいプロジェクトも、どうにかナントカいたしましょう。


それにしても今年はいろんな経験をいたします。

あたらしいOSのパソコンに触るのも楽しいし、
仕事を根本から見直したり俯瞰したりできるみたいだし、
食事のことや体のこと、心のことを考える機会も増えていて。

なんとかバージョンアップを目指しましょうかと思いますです。
[PR]
by kouichisugimoto | 2007-07-01 23:07 | わたしショップ
わかりやすいことのむずがゆさ。
「新日本紀行ふたたび」放送予告キター!
http://www.nhk.or.jp/archives/kikou/next/index.html

む。

「客が減り続ける商店街で町おこしの活動に奔走する若者」って。
俺か。俺なのか。そうだろうなぁ。長老ってのが、そば屋の大旦那さんか。

そういうキャラなのだ、やっぱし。そらまぁ・・・若者だ。
いいのだ。飛び込んだのだから。やり抜こう!

普段、「わかりやすく」とか言ってるくせに、自分をわかりやすく説明されるとぐずぐず言うというのもいかがなものか。ははは。
[PR]
by kouichisugimoto | 2007-06-20 22:52 | わたしショップ
下ノ谷商店会総会とテレビとぐるぐる。
■約半月にわたりカメラが入った、われらが下ノ谷商店街。

月末に放映があるそうで、今日で取材クルーの皆さんとはお別れ。テレビの人といってもいろいろだとおもった。今回は結構仲良くなったので、何やら寂しい。

しかしこれが、実によいきっかけとなり、下ノ谷商店街と僕は、4年目にして、つながり直した。で、商店会の事業として、ひとつのプロジェクトが動き出すことになった。ちょっとしたイベント。詳細はまた具体的に動いたら・・・。

いつでも不安半分だけど、こういう場に立ち会えるから、この仕事はやめられない。


■今日のぐるぐる。

並列処理しなければいけない案件、ありすぎ。

しかもこの処理の遅い脳をいくら回しても足りないような、(かっこ良くいえば)創造性を要求されるようなものばかり。集中力が続かない。くやしい。

今回、ふとした別件もあって、認識したんだけど、僕は「悩んで」ばかりで、実はあんまし「考えて」いないのかもしれない。(あ、書き文字にするとほんとうにばかみたい)

男34歳、フリーダムな生き方をしてる以上、そろそろ仕事の実績などつくっていかねばならない年頃・・・なのかもしれない気もしないでもない。もうちょっと野心を持たないといけない気もしなくもない。ああ、書いてるそばから実感がない。

でも、足下しか見えないの。身の回りしか見えないの。

社会も、世界も、よくわからんの。野望も野心も別にいらないの。

喜んで哀しんで怒って、楽しむこと。それこそが命の満喫だと、思ってしまう。

それは、ちゃんと美しさを実感できる。


僕の頭痛は良くなってるのか悪くなってるのかよくわからないけど、頻度が減ってパワーアップしてる気がする。毎回、変な予感があって、「ああ、僕はきっと、こうやって死ぬのだ。やだなあ。」と感じる。でも、おかげでずいぶん、時間を惜しむ気持ちが育った。いまはとても臆病になった。



どうなりたいのだ、俺は。

さしあたり、かしこくなりたい、ねぇ・・・。
[PR]
by kouichisugimoto | 2007-06-05 23:55 | わたしショップ