身近な現場
「まちの仕事」は、一番身近な「クリエイティブ」の現場である。


学習の場であり、多くの人が「出番」を感じられる場であり、自分の時間を作れる場であり、もうひとつの世界を生きる機会でもある。

「自分はクリエイティブでないから」、という理由でしょんぼりしてる人。

まちへ出よう。

下の谷ブログ出来ました。
29日は、ちょっと素敵なイベント。
http://shitanoya.blogspot.com/
[PR]
by kouichisugimoto | 2008-04-22 18:59 | 日記とか考えたこととか
<< 世田谷アートフリマ、軌道に乗る。 まずは「手を動かす」化する >>