じぶん語り。
幸せなことに、一貫して、いろんな人に会う仕事だ。

しかも、出会い系・・・いや、どっちかというと相互インタビュー的な感じで、お互いを知りあうために、積極的に時間を使うようなチャンスが多い。

「相談」という仕事も凄かったし(あまりむいていなかったけど)、まちの企画風な今の仕事もそう。いままで何人の人生に触れただろうか。


今日は、聞かれる立場。

若い、才気あふれる、まさに社会に出たばかりの青年から、なんだか根掘り葉掘り聞かれ、人生語る羽目になった。(彼の初仕事につきあう形で。)

「たいせつなことはおもしろかったらもっといい」
「人は、自分が美しいと思うことにとりくんでいればいい」
「たのしい、うれしい、おいしいの要素が重要」

・・・なんて言葉をマジメにメモられると、耐え難い恥ずかしさにみまわれる。
「君、そのまっすぐな目で俺を見ないでくれたまえ〜」と言い出したい衝動。

でも、この一期一会に、僕は、僕の一番の成果を、言葉に換えて、彼に伝えなければ、やはり、いかんのだ、と思う。

ちょっとソンケー、という視線がここちよい。なかなかの聞き上手。
うん、聞いてもらうってのも、たまには、素敵なことです。

「でも、なかなか食ってくのは困難よ」というと、
彼は「そうですかぁ・・・」と、ちょっと残念そうに、でも納得したように。

君は大組織に、僕は野原に居るという話は、ただの事実で。
願わくば、どっちも素敵な世界であれと、思いあいたいものですね。

まぁがんばりましょう。

せっかくですから、味わいましょう。堪能しましょう。
[PR]
by kouichisugimoto | 2008-04-05 01:33 | 日記とか考えたこととか
<< 僕と平和運動 ボールペンと遠い空 >>