あたらしもんずきになる?
startmacのモニターにしてもらって、2007年の僕は、10年ぶりのマックとの再会を果たしました。で、あっさり仕事の環境を90%までマック環境にしてしまいました。

a0003709_2123666.jpg

写真はマックブックエア、でございます。うっすーーーーーーいの。でも頑丈そうな作りで。こりゃーかっこいいわぁ。A4の封筒に入ってた、入ってた!

モニター生は、OBになっても、ステキな待遇があって、今回は、Macworld報告会というのに、お誘いをいただいたのですね。で、出不精らしからぬ足取りでいってきました。

うすーいマックと、ネットワークの核を兼ねたあたらしいバックアップの機器と、あたらしくなったiPodTouchを、さわって来ちゃったよー!

あたらしいOSが出るときに、電気店に並ぶ人の気持ちがすこしわかった。なんかちょっとした優越感、なのね。

帰りに、新宿で外付けハードディスクを買ったのだけど、アップル売り場の社員?さんにバックアップのいろいろを質問してたら、「Air」の話になって。

「あ、僕、いまさわってきましたー」なんていったら、うらやましがられた。笑

優越感・・・わるくないけど、そこで「いいだろ!すげえだろ!ふんふーーーん。」といえなきゃ、つまんないね。「スネ夫」キャラにはなれないなぁ。どうしても僕は「のび太」だ。
[PR]
by kouichisugimoto | 2008-01-19 21:22 | startmac
<< カフェという場所 ブルーハーツを聴いていた頃 >>