いちおう10記事。
startmac!マックブックモニターの記事です。

いちお、「モニター記事10本」が、貸与条件だったはずなので、一安心。
マックちゃんが家にくるという記事が5月11日だったから、早くも二ヶ月くらいマック生活。

すんなりメインマシンとなったマックブック、その理由を煎じ詰めるとおもしろい。

要するに、うちのパソコンの中で、一番マシンパワーと使い勝手がいいためで、OSの違いは今やあんまり関係ない時代なのだということ。

値段の割には、ほんとにいいマシンだ。長く使っていく中で、不具合が出たり、再インストールしなければいけない機会もあろうが、いまんとこなんともない。

(僕はもともと勤めてた職場で総務だったのでいろんなPCを導入しては触った。
結局職場はDELLに落ち着いたが(いまでもそうらしい)、高いマシンは×だった。
で、独立してThinkPadを初めて買ったのだけど、とても満足していた。
それはちょっとした使い勝手や、トラブルの少なさといった「優等生」な部分。)

いまでもThinkPadはお薦めしたいマシンだが、不満もある。
それはパワーを要する作業のときにブチブチ落ちることだった。
(高いモデルや、いまのZシリーズなどはしらないが。)

とにかく熱を持つ。iTunesなどを使いながら要パワー作業、などは諦めてた。
まぁ一番安いやつに、そこそこのメモリを積んで使ってるので、そんなもんかと思っていたが、
仕事に使うには差し支えないし、とても信用できる感じ。地味なエリート。


これからはマックで遊んでみよう。
まずは遅ればせながら、動画関係をちっといじってみるとしよう。
[PR]
by kouichisugimoto | 2007-07-19 23:49 | startmac
<< 「価値組」は仕事の価値を何で量るか マッ苦なポイント >>