道具に愛着がもてないのは困る
バイクがオシャカになりました。100CCのビジネスバイク。
(オシャカになる、っておもしろい表現だな。)

5年ローンの終了した矢先の出来事で、非常に残念。
もっとかわいがってあげれば長持ちしたのかもしれないと思うと、やや後悔。

で、まぁ、仕事で使うし、乗り換えになるわけなのですが、これが厳しい!
乗りたいバイクがないのです。そもそもビジネススクーターなんて嫌いです。
でも、このセタガヤの地で、僕の仕事には必須アイテムなのです。
荷物が載るし、二人乗れるし、小回り利くし、公共交通より早い!

買わずばなるまい。しかし、どうしたら愛せるようになるんだろう。
20万以上しやがります。そんなにほいほい買えません・・・

パソコンもそうだ。茶色と赤の暖色系で統一してるカフェで、
シンクパッドだけが、真っ黒!ですよ真っ黒。

ケータイも、いまのは珍しく気に入ってますが、大概、持つのが苦痛なほど
気に入らないデザインばっかなのは、・・・僕がひねくれてるのだろうか。

好むと好まざるとに関わらず、必要なモノは、もっとバリエーション、
もしくは、カスタマイズの余地が欲しいと思うのです。

まぁパソコンを買わなくて済んだのだから良しとせねば、か。 とほ。
[PR]
by kouichisugimoto | 2007-05-17 20:04 | 日記とか考えたこととか
<< 今じゃなくてもいい大事なこと。 「正直、微妙」という表現。 >>