メニュー「レスキューフーズ」
コレも、避難訓練カフェの看板メニューといえる商品。
a0003709_0301593.jpg

チョイスの理由は「カッコいい!」というところ。

双璧を成す「飯缶」との最大の違いは、「なにもいらない」ということ。
温め、開け、食べるところまで、このパッケージのみで済む。食器と、お手ふきまで封入されているのだ。

一旦開封し、薬剤を投入することで、袋が「あたため器」となり、蒸気がもうもうと立ち昇る。

是非、体験していただきたい。
[PR]
by kouichisugimoto | 2007-02-12 00:30 | 耕業と避難訓練カフェ
<< メニュー「パン缶」 メニュー「水戻り餅・あんこ」 >>