あたらしい「えこひいき」
世田谷に拠点を持ち、世田谷を愛する-・・・

そこまでは僕も一緒なんだけど、ベクトルが違う稲岡さん。彼はネットバブルもサクッとのり越えた、正真正銘の起業家だ。だから彼は僕のことを「せたがや仙人」(≒どうやって食ってるのかワカラナイ)と評する。

その彼が率いるジオスケープ社の新しいサービス。
生活消耗品、日用品の通販サイトBamen
a0003709_23282245.jpg


おもしろいのは「世田谷目黒渋谷区送料無料」「ジオスケープの知り合いはその旨記載すれば送料無料」というキャンペーン。

こんな調子。
>皆様のライフシーンをサポートするために生まれたBamenのオープンにあたり、
>Bamenを運営するジオスケープの本社、三軒茶屋を中心とした近隣の地域の
>皆様に、より一層地域に密着したウェブストアとしてご愛顧いただくために、オープン
>に先立ち1ヶ月の期間限定で配送料を無料とさせていただきました。
わはははは!おもしろーーーーーーーーーーい。

・・・うん、これって「ひいき」だよな、と思う。

「スキだから、感謝してるから、ひいきしますよ。」
「他の人にはしない、あなたにスペシャルなサービスしちゃいますよ。」
うれしいよなあ。単純に。「ひいきされる」って。

こういうのが「WEB2.0」じゃないの?

「うれしー!」が入ったネットショップなんてない。
「くやしー」「いいなぁ」「俺も知り合いたい」なんて感情、ネットに無い。


楽天に参加して、結構な年商をあげている知人がいますが、その世界は大変なものだ。同じ楽天内で、しのぎを削りあって高めていく方式だから、「楽天」にフィックスした努力を怠ってはすぐに「落ちる」仕組みなのだ。うへぇ、と思った。かといって、オンリーワンなんて、普通の商売(商材)をやってる人にはないし。

センエツ、と思いながらも、彼と僕を比較すると、「せたがやだいすきせたがやじん」という一点以外の共通項が気持いいくらい「ない」。土地の縁というのはおもしろい。21世紀っぽい。

「地縁コミュニティ2.0」か。
[PR]
by kouichisugimoto | 2007-01-17 23:45 | 日記とか考えたこととか
<< メニュー「紀州白梅干」 ムーミン谷のちょうどよさ加減。 >>