海のリズム
週末、一泊で、海に参りました。西伊豆の、美しい海でした。

海に行きたかった。キレイで、「海水浴場的でない」海に行きたかった。

普段は積極的に「世田谷ヒキコモリ」を実践しているので、多摩川でも、砧公園でも、近所の街路樹だって、構わないのですが、圧倒的な自然を感じるのは、やはり、海ではないか?と思い、今まで見た中で一番キレイだった海に向かったのでした。いやー、よかったナーー。

波一発で体ごと持っていかれる感じ。もうちょっと深みに行ったら溺れちゃう感じの「圧倒的な」力。そしてそれは、きっと、体にもともと備わっているはずのリズム。・・・ふむ なんか、それ以来、僕は、体の調子がいいのです。気のせいかな?

総勢12名だったのですが、女子チームの一部などは、「海づいて」しまって、早くも次の算段を立ててたりします。彼女らも何か感じるところがあったのでしょう。

やはり自然は偉大だ。人間もすごい。

生きていることを体が思い出したような。

まだ「感じた」だけで、何も考え至っていないのですが、書いてしまいました。ゆっくり考えます。
まずは、定期的に海へ行く算段ができないものかと考えております。
[PR]
by kouichisugimoto | 2006-07-12 16:53 | 日記とか考えたこととか
<< 猫と新住民の折り合い。 飽和する死、僕の世界と、僕。 >>