発散とは、リフレッシュとは、気分転換とはなんだ?
きのうは焼き肉喰ってカラオケして、しこたま飲んだ。20歳のころから遊び方に進化がない。

カラオケが好きな人にとってはよい世の中だとおもう。ほどほどの値段で、身近に、気軽に楽しめる、いい条件が揃ってる。

しかもカラオケには、「飲んで、歌って、動いて、笑う」という、結構な要素が、きちんと組み込まれている。それは流行るわけだ。まあ品のある文化とは思わないが。

でももっとやりたいことはあるのになぁ、と思う。とくに、「飲まない」人や「歌わない」人がいると、どうにか何かをご一緒したい気持で、いたたまれなくなる。

うーん。なんかないかな。

人間の原点あたりを探れば、ヒントは沢山あるはずだ。

いま気になっているのは「歌声喫茶」。みんなで歌うのがポイント。

あとは「花火」。火を使うのは本当に本能に近いところに訴えてくる。

同じ意味で、「バーベキュー」。上記に「食」の要素もプラス。

たとえば飲食業。いまのノリでサービスの「高級な」質を追求したって、それはイコール、コストがかかるということになる。結果、店員の態度一つで客はナーバスになり、評判は1月でころころ変わり、ネットと口コミでじわじわ叩かれ、体力のない事業者から消えていく。

しかも、その「お客さま」もまた、翌日は似たような立場の店員であったりするのだ。

本来、高級なサービスにはそれなりの対価があるはずで、受ける側にもスキルがいるのだ。懐石も、ホテルも、スキルがなければ楽しめない。高級なものは「習う」ところから楽しめるはずなのだ。そこから既に「楽しみ」なはず。そういうものは、ちゃんと別口で、用意したい。

安っぽい高級(風)サービスを蔓延させて、たいして儲かりもしないシノギを削りあうよりも、もっと仕組みそのものに金・・・いや、知恵を、投入するのが正しいのではないかと最近思いを強めている。

仲良くなる仕組み、盛り上がる仕組み、気分よくなる仕組み・・・あるはずじゃない?湯水のように金を投入された世の中で、きっと、そんなもの、ゴソっとふきだまってるような気がする。たいして活かされもせず。

都会なら都会らしく、ちゃんとそういうサービスを考えればいいのだ。

というわけで、ここを深めるべく、事例を探す旅に出ます。

たぶん 合コンとかクラブとか釣り堀とかバーベキュー場とかキャンプ場とかビアガーデン。
あとはカルチャークラブとか、か。合コンとクラブの知識はまったくないな。アウトドアものは好きだからがんばろう。

うぐ。大変だな。
[PR]
by kouichisugimoto | 2006-05-29 17:17 | 日記とか考えたこととか
<< レイブ、だ・・・!(いや違うか... すごいと怖い(ブラックジャック... >>